明日から初めてみませんか?
昔のビリヤードはお店も玉突き屋と云って遊技場という扱いでした。

父がビリヤード組合の副会長をしていたとき会長と一緒に東京まで
スポーツにしてもらう為陳情に行ったと聞いています。
スポーツになってからもまだゲーム感覚が残り遊びの
感覚でゲームを楽しまれていますが、真剣に試合に向けて
練習される方もおられます。

試合に参加してみるとその雰囲気に気持ちが引き締まります
皆さん、球に向かって集中して撞かれています。
アドレナリンが体中を駆けめぐり静かな興奮状態になります。

下手な人は球に遊ばれ、上手な人は球と遊ばれます。
下手は下手なりに楽しく上手になる段階も楽しく
上手になればまるでマジックを見ているように球が動きます。

スポーツになってからは子供から高齢者まで性別関係なく
出来るので親子でされる方もおられます。

不思議とビリヤードをされている方に背中が曲がっている方は
見かけません。
いくつからでも始められます。

明日から初めてみませんか?
[PR]
by yasuna-club | 2009-05-19 01:37 | 保名倶楽部の日常
<< 父のビリヤード川柳  2  父のビリヤード川柳 >>