嬉しい出来事
 今日は、なにわ創生塾の阿倍野界隈、熊野古道伝統芸能散歩会の
方々(20数人?)がお店に来られ松虫とこの保名に関わる
謡曲を披露してくださいました。
 年配の方だけでなく若い方達まで伝統芸能を勉強されている
事に驚きました。
 父が残したたくさんの謡曲の本はこの時来られていた瓦照苑の方にお譲り
させて頂く事になりました。
父もきっと喜んでくれていると思います

もう一つ嬉しい事がありました。
「玉撞き屋の千代さん」を読んだと云って珈琲を飲みに来られ
とても嬉しい書評を話してくださいました。

「今までこんな感動した本を読んだことがありません。
泥沼から救いあげられた思いです。
眼の前がパァ~と明るくなってすごく力づけられました。
まだまだ私は出来るんだという気持ちにさせられました。
無神論者の私ですが神様がいるとしたらこの本を透して
自分に力を与えて下さったという気持ちです。
この本には人を救う力があります。
私一人ではなく家族みんなを!]

と次から次と自分の今の気持ちを話され 兄(泰三)が聞いたら
どんなに喜ぶだろうと嬉しさで涙がでて、その方も目頭を押さえ
泣いておられました。
 
 兄の本をそこまで褒めて頂けるなんて
ファンクラブの私には天にも昇る気持ちです。
[PR]
by yasuna-club | 2009-05-30 21:26 | 保名倶楽部の日常
<< 千代さんの日記より 千代さんの日記 >>