四つ球
 ビリヤードの種目にはポケット以外に四つ球、カードル、スリークッション、
スヌーカー等ありますが今日は基本の四つ球のルールを書こうと思います

 四つ球は四つのボールで白球、黄色球(昔は白が2個)赤球2個で
サーブは白から撞きます

 まずは、初球の位置に置き自分の球で自分の球以外の2個のボールに
当てると1点です。

 直接当ててもクッションを使って当ててもかまいません。

 10回キュウ(はずれると交代して10回)の間に自分の持ち点を
当てれば勝ちとなります。

 高点者になると5キュウ勝負になります。

 だいたい初心者は10点ぐらいが持ち点となります。

 どちらも10キュウの内に上がれなければドローとなり
又、初球の位置に置いて勝負が始まります。

 ボールの撞き点(ひねりと云います)的玉の厚み、力加減、等
1キュウ毎に考えながら撞くのですがボールは撞いた通りに
転ぶので自分が思った通りに転ぶととても楽しいものです。

 是非挑戦してみては!

もちろん、初めての方は指導させて頂きます。
[PR]
by yasuna-club | 2009-10-01 16:31 | ビリヤードの解説
<< 用語 夢 >>