<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
最近お店に初めての方も来て下さるようになりました。

 初めて来られた方とお話していると「前から来たかったけど
入りにくくて!」と云われます。

 何とか入りやすくしたいと思い喫茶も始めてみたのですが・・・・。

 なんでもそうですが続ける事が一番の上達方法です。

 女性の方が続けるのは難しくて上達しにくい感があります。

 でも、上達が目的ではなく趣味として楽しんでいただければ
良いと思っています。

 ビリヤードはとても女性に向いています。

夢は保名倶楽部で女性だけが参加出来る試合をしたいと
思っているのですが・・・・・・・。
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-27 20:30 | 保名倶楽部の日常 | Comments(2)
遅れて敬老の日
敬老の日は珍しくお店が大忙しで千代さんの夕食は偶然頂いた
鮎の姿煮とお漬け物だけだったので定休日は栗ご飯と天ぷらを作りました。

 3時過ぎから栗の皮を剥き(とても大変)手は腱鞘炎になりそうな程!
「どなたか栗の皮のむきやすい方法教えてくれないかな~!」
「そういえば娘もそんなことを云っていたなあ~!」等、思いながら
やっと剥き終え炊飯器のスイッチをオン!

 そして天ぷらも出来て千代さんを呼び食事が始まりました。
どうゆう訳か千代さんはいつも目を瞑って黙々と食べます。
食べ終わると「ごちそうさまでした」「お世話様でした」と云ってくれます

 それはご馳走でもお茶漬けでもいつも同じなんですよ!

そして時々「何か食べたいもんある?」と聞いてみるのですが
答えはいつも「なんでも結構ですよ!」なんです。

 千代さんにはすべてに欲が無く何も欲しがりません。

一切お任せの生き方なんです。

 
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-23 22:11 | 保名倶楽部の日常 | Comments(2)
感謝、感謝
 今日は敬老の日

 神戸からわざわざ千代さんに会いに来て下さったご夫婦は50年前のお客様、
手みやげに鮎の姿煮を持参して。

 もう一人会いに来られた方も45年前のお客様、
そしてお客様ではありませんが千代さんに栗が送られて来ました。

 「ほんと!ありがたいね~!」 と早速夕食に千代さんと二人で頂き
ました。

 感謝、感謝です。
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-21 22:10 | 保名倶楽部の日常 | Comments(0)
久しぶりのお便り
浜木綿子さんから久しぶりのお便りが届きました。

 来年1月5日から27日まで博多座で公演されると云う内容でした。

 今まで全くそのような公演には興味がなかったのですが
「玉突き屋の千代さん」の舞台から浜木綿子さんのお人柄に
すっかり千代さんも私もファンになり是非とも博多座に!という思いは
あるのですが、千代さんの体調を考えると無理なような気がします。

元気そうに見える千代さんですが遠出の外出は大変です。

 今までにも千代さんを元気にさせる為にいつも少し先の楽しみを準備して
きたのですが山崎豊子の「運命の人」4巻も読み上げ9月の旅行も終わり
次の楽しみはアメリカから帰ってくる娘家族に合わせて親族が集合する11月です。

 その間に取材等で元気になってもらい次の楽しみは博多座に!と
計画してみようかなあ・・・・・・・・。
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-19 21:21 | 保名倶楽部の日常 | Comments(0)
おみやげのいろいろ

 お店に来られるお客様の奥様が時々自家製のパンを作って
差し入れて下さいます。

 とてもおいしく今日もお客様同士で分け合って頂きました。

 又、旅行に行ってはおみやげを持参してくださる方やお世話になって
いるのに決まった時期にその旬の食べ物を送って下さる方、
千代さんにと食べやすいお菓子を持参される方等
保名倶楽部のお客様はとても温かい方ばかりです。

 千代さんファンの方々からもいろんな果物が届きます。

 だから私も千代さんもお金がなくても食べ物に不自由しないで済んでいますが
痩せたいのに太る一方なんですよ!
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-18 22:06 | 保名倶楽部の日常 | Comments(0)
お向かいのおばあちゃん
お向かいのおばあちゃんとよくお話をするといつも良い話を
してくれます。

 今日も植木の手入れをしていたらおばあちゃんが外出から帰って
来られたので手を止めて立ち話をしていると又、良い話を聞いたのです。

 おばあちゃんは口に出さないと決めた言葉があると云うので
聞くと忙しいとか疲れたと云う言葉は云わないそうです。

 用事は頭にひらめいた事をするだけで「これをしてしまわないと!」とか
「あれもしなければ!」とかは思わないで、思いつく事をするだけで
最終的にはしたい事が出来上がっているそうです。

 だから疲れる事やいらいらする事もなくいつも動ける事に「感謝、感謝」
出来るそうです。

 おばあちゃんといい千代さんといい長く生きて来られた方には
とても大きな心が出来上がっているんですね~!
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-18 00:18 | 保名倶楽部の日常 | Comments(0)
女性自身からの取材の申し込み
雑誌(女性自身)からファックスで取材の申し込みがお休み中にあり
ました。

 千代さんも旅行疲れで断らざるしかなく丁重にお断り
したのですが後で考えてみると内容は「敬老の日の特集」これなら
受けれたかも?・・・・と。

 取材=千代さんのビリヤードの技と思ってしまって疲れた千代さんには
無理かも?と勝手に思い断ってしまいました。

 雑誌に妙技を見せる必要はないのに・・・・・・。

 今までにもいろいろな雑誌に載りましたが女性自身は私が娘時代から
あった様に思える程長い歴史がある雑誌なのに・・・・・。

 どんな風に紹介されるのか知りたかったのに・・・・・・。

 とても、残念です。
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-17 00:13 | 保名倶楽部の日常 | Comments(2)
素敵な女性ビギナー
 最近、女性のお客様が来て下さいます。

 今日、来られた方はビリヤードでも難しい3クッションを
一緒に来られた男性に教えてもらいながらされていました。
 
 その男性の方は20年のブランクがあり久しぶりの球をとても
懐かしむように楽しまれていて見ている方も楽しい気持ちになっていたら
いつもの常連さんが来られ驚き挨拶されて初めて昔、プロの方だと知りました。

 やはり昔撞かれていただけに見事な球を撞かれるはずだと感心させられました。
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-15 00:40 | 保名倶楽部の日常 | Comments(0)
韓国のビリヤード
 今日、大阪のみやこビリヤードで行われた全日本オープンカードルと
云う試合を見に行ってそこで参加されている町田プロから驚く話を
お聞きしました。

 今、韓国がビリヤードブームでほとんどの男性がビリヤードを
されて1日中、テレビにビリヤードが放送されているというのです。

 どういう訳か大阪はビリヤードをされる方は極わずかでたくさんあった
お店はどんどん閉店している有様です。

 東京の試合で高田馬場に行って驚きました。

 30台近くある台が次々と埋まって試合が終わる6時ごろには満員でした。

 やはりお店の営業力の違いなんでしょうか?

 保名倶楽部も営業次第で忙しくなるんでしょうね~!
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-13 20:49 | 保名倶楽部の日常 | Comments(7)
心にしみる詩
 心に響いた「手紙」
 もう、ご存じの方も多いのかもしれませんが、母が私の
留守中に中の姉夫婦と共に 四国の長女の所に行き「手紙」と云う題の詞を
持参して帰って来ました。

原作詞不詳 日本語訳 角智織 作曲 樋口了一

 年老いた私がある日、今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを理解して欲しい

 私が服の上に食べ物をこぼしても、靴ひもを結び忘れても
あなたにいろんなことを教えたように見守って欲しい

 あなたと話すとき、同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずに、うなずいて欲しい

 あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

 悲しい事ではないんだ  消え去ってゆくように見える私の心へと
励ましのまなざしを向けて欲しい

 楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい

 あなたを追い回し何度も着替えさせたり、様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを
悲しい事ではないんだ 旅立ちの準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

 いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら
あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私にどうかあなたの手を握らせて欲しい

 私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい

 あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい

 きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです
あなたの人生の始まりに私がしっかり付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

 あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

 私の子供たちへ

 愛する子供たちへ
[PR]
by yasuna-club | 2009-09-11 20:19 | 保名倶楽部の日常 | Comments(3)